覚えておこう!酵素ダイエットに役立つ果物の例

手軽さや健康面を重視するならリンゴとバナナがオススメ!

1日3食の内、1食分を果物で代用して酵素の働きを効率化させ、無理のないダイエットを実現する酵素ダイエットは複数の果物を摂取することで目的に沿ったダイエットを実現します。
例えば、手軽さと健康面を重視するなら値段もお手頃で食べやすいバナナとリンゴの組み合わせがオススメです。バナナには便秘に効果的な食物繊維や高血圧を抑えるカリウム、ミネラル、脂質、ビタミンなど豊富な栄養素が含まれています。また、果物の中ではカロリーが高めなので、急激なダイエットを望まない健康志向の方には活用しやすい果物です。さらに、値段や手に入れやすさの点からもバナナは最適です。
もう一方のリンゴの方も手頃な値段で販売されていますし、年間を通して販売されていますので、簡単に手に入れやすくお手軽です。リンゴに含まれる栄養素としては、有害物質の吸収を抑えて腸内環境を整えてくれるペクチンや、小腸の脂肪吸収を抑えて内臓脂肪の増加を防いでくれるリンゴポリフェノール、疲労回復の作用のあるリンゴ酸とクエン酸など豊富で、健康志向の方にピッタリの果物です。この2つだけでも十分ですが、この組み合わせにもう一つの果物を足してみるのも良いでしょう。

美容面を重視するならイチゴやマンゴーなどにチャレンジ!

酵素ダイエットで美容面を重視するならビタミンCを豊富に含んだキウイフルーツやグレープフルーツ、イチゴの活用が適しています。これらの果物に多く含まれるビタミンCは美肌効果で有名ですが、それだけでなく、便秘の解消や抗酸化作用による老化の防止などの効果も発揮します。グレープフルーツは1個で1日分のビタミンCを摂取できる他、キウイフルーツは1日に必要な量の約7割、イチゴの場合はビタミンCに加えて虫歯予防に効果的で低カロリーのキシリトールも含んでいます。
これらの3つに加えて、もう一つ紹介したいのがマンゴーです。マンゴーは肌荒れ防止に効果的ですし、抗酸化作用を持つフラボノイド色素、カロテンなども含み、併せて活用するとさらに美容面で大きな効果を発揮するでしょう。

© Copyright Supplementing Enzymes. All Rights Reserved.